今、インドネシアが選ばれる理由

インドネシアに興味のある方、進出を考えている方、また旅行を考えている方などインドネシアにまつわる様々な情報を発信していくブログです。どうぞ宜しくお願いします。

親日国家インドネシア

 

親日国家インドネシア

これまで、インドネシア親日国家であると言われてきたことはご存知の方が殆どかと思いますが、公式なデータを見てそう実感された方は少ないのではないでしょうか。

ここで興味深い調査結果をご紹介します。

 

英国のBBC放送が「その国に対してポジティブな、またはネガティブな印象を持っているか」という調査を27か国を対象に実施しました。(2011)

インドネシアのデータを見てみましょう。

 

f:id:Rigel-Indonesia:20170521230507j:plain

出典:BCC World Service Country Rating Poll(2011)

 

どの国よりも日本に対してポジティブな印象を持っている国民の割合が多いのはインドネシアでした。調査対象国の中では第1位となっています。全世界を対象としたものではないものの、この調査はインドネシア世界一の親日国家である証拠の1つと言っても過言ではありません。

一方、対象的であるのが中国です。インドネシアと同様、日系企業の進出が盛んである中国ですが、日本に対してネガティブな印象を持っている国民は7割以上という結果になっています。

 

経済関係からも、インドネシアと日本の密接な関係が伺えます。

インドネシアは日本にとって世界最大の経済協力、投資、貿易相手国です。

天然資源に恵まれたインドネシアは日本にとって重要なエネルギー供給国であり、主に液化天然ガス(1位)、石油(7位)、石炭 (2位) の貿易が盛んです。

※日本のエネルギー輸入に占めるインドネシアの割合(2007年財務省貿易統計)

 

また、インドネシアの対日輸入は65.2億ドル(2007年インドネシア政府統計)に上り、シンガポール、中国に続いて第3位となっています。日本からの輸入製品は一般機械、鉄鋼、電気機器、電子部品、輸送機械など、資本財が主です。

このようにインドネシアは日本へ天然資源を、日本はインドネシアへ資本財を輸出するといった密接な相互関係を築いているのです。

 

投資面では、日本は対インドネシア投資国の中で常に上位を占ており、1967年から2007年までの直接投資累積額では、日本は全体の13.3%と第1位を占めています。(インドネシア政府統計)

また、インドネシアは日本による政府開発援助 (ODA)の最大の供与国でもあります。2005年度支出純額ベースでの開発援助額はODA全体の約17.6%を占めています。

 

インドネシア(特にジャカルタ)で生活していると、身の回りの私生活でも十分にインドネシアと日本が密接に関わっていることが伺えます。日本でお馴染みの調味料や食品、飲料水、化粧品や薬品など既にたくさんの日本製品インドネシア国民の生活に定着しつつあります。日本車の普及率は95%, バイクに至ってはなんと99%が日本製という驚きの数字です。

日本の文化もとても人気で、多くのインドネシア人に受け入れられています。首都ジャカルタでは年に数回、現地の日本人やインドネシア人が日本文化を紹介したり触れようと、日本食屋台を一斉に出店させ、コスプレ大会やコンサートを催すイベントが開かれているのです。インドネシア人と日本人合同チームによって参加可能なマラソン大会まであります。

f:id:Rigel-Indonesia:20170522005840j:plain

(年に1度ブロックMで開かれる縁日祭の様子)出典:じゃかるた新聞(2016)

 

インドネシアと日本の関係が密接であることは十分にわかって頂けたと思いますが、私がインドネシアをお勧めするのは、国際関係が盛んだったり経済発展が著しいだとかそういった理由のみではありません。仕事をするにしろ、旅行するにしろ、やはり何よりも本当に大切なのは「人」なのではないでしょうか。

 

現地の社員仲間の殆どが日本人にネガティブな印象を持っている国で働くのと、インドネシアのような親日国で働くのではどちらに気が進むでしょうか。私見ですが上記の調査結果もある通り、この点ではインドネシアに勝る国はないのではと思います。

 

インドネシア人はいつでも明るく、とても魅力的です。そしてありがたいことに多くのインドネシア人の方は日本文化に興味を持ち、日本人を暖かく迎え入れてくれます。食もおいしく、人も温かい。日本との時差もわずか2時間ほどで、地理的にも他の国と比べ大変有利です。

是非一度、インドネシアに足を運んでみてはいかがでしょうか。