ジャカルタ生活情報

Jakarta Life Information

厳選 インドネシアで便利な "4つの配車アプリケーション"

厳選  インドネシアで便利な "4つ配車アプリケーション"

f:id:Rigel-Indonesia:20170614015325j:plain

 

こんにちは。

今回は、移動時にとても便利な配車アプリケーション4つを紹介したいと思います。

 

インドネシア、特に都会中心部では日本のように広い歩道は少なく、短い距離であっても歩行が困難な場合が多いです。料金や運転手の顔、名前がわかるアプリケーションを使うことでより安全で、快適な生活を送ることができます。

 

 

 

 

1.My Blue Bird

国内で最大のタクシー会社ブルーバードグループ発のアプリケーションです。

インドネシアで最も安全と言われるタクシー(ブルーバード)を配車できます。前日からの予約も可能で、例えば絶対に遅れることのできない空港への送り迎えなどにとても便利です。

f:id:Rigel-Indonesia:20170612163055j:plain

まず、登録を完了させます。

右の画面に切り替わったら予約日時、ピックアップ場所、行き先を入力していきます。

同時に支払い方法も選べます。

 

f:id:Rigel-Indonesia:20170612163101j:plain

ピックアップ場所を選択する画面です。

青いピンがタクシーのロケーションを表しています。よく使う場所はお気に入りに追加しておくと便利です。

予約(注文)が完了したら、メッセージや電話を通してドライバーと連絡を取り合うことができるようになります。

 

 

 

 

 

2.GO-JEK

ここ近年であっという間に普及したインドネシア発のアプリケーションです。

車とバイクでの配車はもちろんのこと、買い物代行やマッサージ師呼び出しなど様々なサービスを提供しています。バイクであれば、緑のヘルメットとジャケットを着ているドライバーが目印です。

 

GO-RIDE

f:id:Rigel-Indonesia:20170612164752j:plain

 

アプリを開くと、注文したいサービスを選べるページに移ります。

まず、GO-RIDE(バイクの配車)で注文の流れを説明していきます。

(左上のオレンジ色)

 

 

 

f:id:Rigel-Indonesia:20170612164800j:plain

 

GO-RIDEを開き、ピックアップ場所と目的地を入力します。

注文する前に料金と経路を確認することができます。

(GO-PAYで支払うと価格が割引され、かなりお得です。説明は後ほどします。)

 

 

 

f:id:Rigel-Indonesia:20170612164805j:plain

ドライバーが見つかるまで待機します。

なかなか捕まらない場合は注文をキャンセルし、新しく注文し直すことも可能です(キャンセル料はかかりません)。

 

ドライバーとマッチングした後、メッセージか電話で現在地の目印、着ている服の色など伝えておくとスムーズにピックアップしてもらえます。(写真右)

PDFをダウンロード

 

 

GO-FOOD

f:id:Rigel-Indonesia:20170612164812j:plain

 

GO-FOODは、ドライバーに買い物代行をしてもらえるサービスです。

ページを開くと、様々なジャンルから注文したい料理を探すことができます。

 

 

 

f:id:Rigel-Indonesia:20170612164827j:plain

 

 料理と品数を決め、注文確認画面へ移動します。

注文が完了後、GO-RIDEと同様に指定した場所でドライバーと待ち合わせ、料理を受け取ります。

 

 

 

GO-PAY

アプリケーション内で利用できる通貨です。

利用することで大幅な割引を得ることができ、お得な特典に繋がるポイントも付きます。(GO-POINT

 GO-RIDE, GO-CAR, GO-FOOD, GO-MART, GO-SHOPで利用が可能です。

 

 

チャージ方法

ドライバーにお願いし、現金を渡せば簡単にチャージすることができます。

初回のみ特典としてRp50,000分多くチャージされます。

(毎回手数料は無料)

 

f:id:Rigel-Indonesia:20170612173000j:plain

 

銀行の口座を持っている場合は自分でもGO-PAYをチャージすることができます。

GO-PAY ➜ Top Up のページに移り、利用している銀行を選択します。

指示に従いATMか、インターネットからチャージを行います。(銀行により最低チャージ料金が決まっています。)

 

 

 

 

3.Grab

マレーシア発の配車アプリケーションです。 

 

f:id:Rigel-Indonesia:20170612175914j:plain

 

 GO-JEKと同様に、車とバイクの配車、また食品配達のサービスを提供しています。

出発地と目的地を入力し、ドライバーと待ち合わせをします。

料金も注文前に確認できます。

シンガポール、マレーシア、フィリピン、ベトナム、タイでも利用可能です。

 

 

 

 

4.Uber

世界中で利用者が増え続けている、アメリカ発のアプリケーションです。

 

f:id:Rigel-Indonesia:20170612180746j:plain

 

出発地と目的地を入力する画面です。

他のアプリとは違い、雨の日の場合は料金が変わったり(サージ・プライシング)、キャンセル料金が発生することがあります。

 

 

 

f:id:Rigel-Indonesia:20170612180750j:plain

 

車体の大きさを選びます。

UberXの場合、人数が多すぎると(4人以上)乗車を断られてしまうことがあります。

大人数での乗車の場合はUberXLを注文するか、予め運転手に人数を伝えておくと無難と言えます。

 

相乗り乗車(UberPOOL)を注文し、料金を節約することもできます。

 

 

 

f:id:Rigel-Indonesia:20170612183250j:plain

 

 料金や経路まで履歴を確認できます。

また家族や仲間と1つのクレジットカードを共有し、支払いを済ますことが可能です。(クレジットカード情報を登録し、写真右のファミリーを選択)

 

 

 

 

~おまけ情報~

因みにですが、

Google Mapでルート確認をする際、人が手を挙げているマークを選択すると、各配車アプリケーションで注文した場合の料金を比較することができます。

 

Google Map

f:id:Rigel-Indonesia:20170612191831j:plain

 

複数アプリケーションをお持ちの方は是非試してみてください。

選択したアプリケーションへ移動できるようになっています。

 

 

 

タクシーを利用しても、インドネシアでは英語があまり通じません。

予め、料金や目的地を確認できるアプリケーションを持っていると安心ですし、ぼったくられてしまうこともほぼありません。

 

タクシー(Blue Bird)の場合、料金はRp6,500から始まり、日本と比べれれば十分安価ですが、GO-JEKのような配車アプリケーションを使うことでより出費を抑えることができます。

 

 

以上、インドネシアで使える配車アプリケーション4選でした。

簡単な説明になりましたが、是非お試し下さい。

ありがとうございました。

 

f:id:Rigel-Indonesia:20170612194304j:plain

青い車体でお馴染みのタクシー Blue Bird)

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村