今、インドネシアが選ばれる理由

インドネシアに興味のある方、進出を考えている方、また旅行を考えている方などインドネシアにまつわる様々な情報を発信していくブログです。どうぞ宜しくお願いします。

インドネシアで普及が広がるElectronic Money

 

こんにちは。

今回は、近年インドネシアで普及が広まっているElectronic Money、通称 e-moneyについて紹介したいと思います。特にジャカルタでの生活では必須となる場面が出てきますので、存在を知っておくと大変便利です。

 

 

各銀行が発行している e-moneyカード一覧

f:id:Rigel-Indonesia:20170824215654j:plain

(BCA銀行)

 

 

f:id:Rigel-Indonesia:20170824222157j:plain

(Mandiri銀行)

 

 

f:id:Rigel-Indonesia:20170824221342j:plain

(BRI銀行)

 

 

f:id:Rigel-Indonesia:20170824221339j:plain

(BNI銀行)

 

 

e-moneyが利用できる場所

電車、TransJakarta(公共バス)、高速道路の料金所、駐車場、コンビニエンスストア(日系のコンビニでも可能)、一部レストランやファーストフード店、自販機など。

 

f:id:Rigel-Indonesia:20170824233318j:plain

(e-moneyが使える店舗例)

 

 

 

高速道路の場合、既に無人化している料金所がありますので注意が必要です。

現在、TransJakarta(主流公共バス)の改札口はこのe-moneyでしか通ることができなくなっています。

 

f:id:Rigel-Indonesia:20170824224521j:plain

(TransJakarta改札口)

 

 

 

 

e-money購入方法

各銀行の窓口で購入することができます。(または公共バスTransJakartaの各駅窓口)

代金はMandiri銀行の場合、Rp20,000で購入でき、その後チャージ金額を支払いアクティベートが完了すれば直ぐに利用できます。

 

 

e-moneyチャージ方法

ATMやコンビニエンスストア、モール、TransJakarta各駅の窓口でもチャージ(トップアップ)が可能です。

 

最低額 Rp20,000 (約200円)

最高額 Rp1,000,000 (約10,000円)

 

機能は日本のSuicaと変わりません。

違いとしては発行元が銀行である為、主にATMからのチャージが必要となります。また、手数料はかかりません。

 

 

豊富なデザイン

f:id:Rigel-Indonesia:20170824233833j:plain

ユーザーからデザインを募集するキャンペーンがあるなど、カードの柄は豊富です。

来たばかりの方へ、ちょっとしたプレゼントにもいいかも知れませんね。