今、インドネシアが選ばれる理由

インドネシアに興味のある方、進出を考えている方、また旅行を考えている方などインドネシアにまつわる様々な情報を発信していくブログです。どうぞ宜しくお願いします。

インドネシアの金融機関を利用する

こんにちは。

今回はインドネシアで利用されている主な金融機関について、簡単に紹介したいと思います。

インドネシアの金融機関は大きく分けて政府系、民間系の二種類に分けることが出来ます。まずは政府系の金融機関です。

 

 

 

政府系銀行

 

・Mandri 銀行

国内最大級の政府系銀行。

10兆円規模の総資産額を持っています。

f:id:Rigel-Indonesia:20170910132012j:plain

 

 

 

 

 

・BRI(Bank Rakyat Indonesia)銀行

インドネシア全国で一番支店数が多いと言われているのがBRI銀行です。

その数約2000か所。

f:id:Rigel-Indonesia:20170910132010j:plain

 

 

 

 

・BNI(Bank Negara Indonesia)銀行

元は国の中央銀行のBNI。

現在も安定性と信頼性を保っています。

f:id:Rigel-Indonesia:20170910132007p:plain

 

 

 

 

 

民間系銀行

 

・BCA(Bank Central Asia)銀行

国内最大級の民間系銀行です。

f:id:Rigel-Indonesia:20170910132727g:plain

 

 

 

 

・Permata 銀行 

 

f:id:Rigel-Indonesia:20170910132801j:plain

 

 

 

 

・May Bank(May Bank Indonesia、元BII)

f:id:Rigel-Indonesia:20170910132811p:plain

 

 

 

 

・CIMB Niaga(NIAGA)銀行

1955年にインドネシア初の民間系銀行。

f:id:Rigel-Indonesia:20170910132751j:plain

 

 

 

 

・Danamon 銀行

f:id:Rigel-Indonesia:20170910132827p:plain

 

 

 

日系金融機関

インドネシアで法人取引を中心とした、日系金融機関一覧です。

 

三菱東京UFJ銀行

三井住友銀行

みずほ銀行

・りそなプルダニア銀行

 

 

 

インドネシア国民の半数は依然として口座を持っていないと言われています。

マレーシアやシンガポール、タイと比べるとインドネシアの金融業界依然として立ち遅れていますが、金利は高くつきます。

これからも紹介していきますが、

現在のインドネシアに口座を開設することにメリットは多くあります。