ジャカルタ生活情報

Jakarta Life Information

法規則の変更・不透明な運用

法規則の変更・不透明な運用について 

インドネシアでは日本に比べて頻繁な法規制の変更や不透明な運用が行われる場合があります。事業に大きな影響をおよぼす場合があるため、法規制に関する動向を早期に把握し、影響を最小限に留めることが必要です。

 

f:id:Rigel-Indonesia:20181007131811p:plain

 

 

問題となる主な内容

  • 突然の法規制の施行
  • 移行期間のない輸入規制の発布と遡及適用
  • 税法、規制の頻繁な変更
  • 法令施行規則の不備・運用の不透明

 

法令・規制発効後、実運用がされているのかはっきりせず、さまざまな場面で解釈に違いが生じる場合や、その運用が必ずしも徹底されていないことがあります。

これらに対応するため、想定されるリスクの発生に備え、十分なリスク評価、コンティンジェンシー計画を事前に検討し、報収集のためのネットワークを構築しておくことが必要です。

また、十分な経理、税務、労務といった管理能力および経験を持ち、現地に精通した人材の確保が望まれます。

 

主要な国家機関の紹介

主要となる国家機関をいくつかご紹介します。

(ウェブサイトは全てインドネシア語で表示されます。)

 

Kementerian Perdagangan Republik Indonesia

f:id:Rigel-Indonesia:20181007131912p:plain

・商業省(http://www.kemendag.go.id
通商・貿易にかかわる大臣規程の発布など

 

 

Kementerian Perindustrian Republik Indonesia

f:id:Rigel-Indonesia:20181007132001p:plain

・工業省(http://www.kemenperin.go.id
産業全般にかかわる大臣規程の発布など

 

 

Kementerian Lingkungan Hidup dan Kehutanan

f:id:Rigel-Indonesia:20181007132015p:plain

林業省(http://www.menlhk.go.id
林業・森林保全にかかわる大臣規程の発布など

 

 

Kementerian Keuangan Republik Indonesia

f:id:Rigel-Indonesia:20181007132027p:plain

財務省関税総局(https://www.kemenkeu.go.id
関税業務、輸出目的で輸入した物品や原材料にかかる関税/物品税の免除・還付など