ジャカルタ生活情報

Jakarta Life Information

労使間のトラブル

労使間のトラブルについて

労働条件への不満に起因するトラブルや、解雇・退職をめぐるトラブルなどのリスクについてです。

f:id:Rigel-Indonesia:20181007151420p:plain

 

インドネシアでは、労働者個人と会社との間の対個人の労使問題のみならず、企業組合・上位労働組合との間の対団体の労 使問題や労働局・移民局が不定期に行う査察への対応などの問題が頻繁に生じます。典型事例としては、解雇に関する問題、従業員からの賃上げ・正社員化要求問題、外国人の就労許可に関する問題などの事例があります。

 

イスラム教徒のお祈り

労働問題が発生する要因としては、現地文化・風習の理解不足等に基づく労使コミュニケーション不足に起因するものが多いようです。日本とインドネシアでは、当然文化・風習が異なるので、日本風の従業員対応がそのままインドネシアでも通用するものではなく、インドネシア国民の八割がイスラム教であることを深く理解する必要があります。

例えば、ムスリムの従業員には一日に数回ある祈りの時間を取らせることも大切な気配りです。

f:id:Rigel-Indonesia:20181007151825j:plain

 

 

イスラム教徒の食習慣

また、イスラム教徒(ムスリム)にはハラル食品(豚肉やアルコールを除いたもの)を提供する必要があります。接待の場面では食事の提供に十分注意が必要です。

イスラム暦 9 月のラマダン月には、イスラム教徒は夜明けから日没まで断食を行い、一切の食物並びに水を口にしません。そのような時期に身体に過度に負担をかけるような仕事を依頼することを避けるなどは、従業員と円滑な関係を築く上で大切な心遣いです。

f:id:Rigel-Indonesia:20181007152626j:plain